ショアジギング

秋のショアジギングをもっと楽しむ方法!

こんにちは、コアプラのシンです!

今回は、ベストシーズンである秋のショアジギングについて解説していきます!

ほかの人より差をつけるポイントや、注意点を解説していきますね!

秋のショアジギングとは

秋は青物のハイシーズンです!

毎週でも釣りに行きたい季節ですね

秋のショアジギングは、青物が回ってくれば何を投げても釣れるときがあります

着水に向けて食ってくることもあるくらいです

水温が程よく様々な青物が釣れる時期ですね

秋のショアジギングのターゲット

秋のショアジギングのターゲットは非常に多いです

  • ブリ
  • ヒラマサ
  • サワラ
  • フラットフィッシュ
  • ロックフィッシュ
  • シーバス

中でもブリやサゴシは数が釣れるターゲットですね

生まれて半年ぐらいの40㎝くらいの個体が数釣れるので非常に楽しめます!

また、大型の青物も狙いやすい時期なので、磯に行きたい時期ですね!

 

秋のショアジギングで人と差がつくポイント

秋のショアジギングで差がつくポイントを述べていきます

飛距離

釣果を上げるには飛距離が一番重要なポイントといえます

秋は、ベイトサイズが大きくなってきて、飛距離を出しやすいサイズのルアーが使いやすい時期です

そのため、ルアーは飛距離で選びましょう!

おすすめは、かっ飛び棒ですねー

これ一本でローテーションなしでも釣れるのでおすすめです!

 

底を取る

楽だからとトップの釣りばかりやっていませんか?

ハイシーズンとはいえ、まづめ時以外は底のほうに魚が沈むのは事実です

底を攻めれる人のほうが釣果が上がるので、底を狙えるルアーも持っていきましょう!

釣りをする時間

ショアジギングはターゲットが青物という点から、基本的には待ちの釣りです

そのため、投げ続けたものが勝つ釣りになります

そのため、タックル選びはめちゃくちゃ重要です

自分の扱える範囲で、適切なタックルを選ぶ必要があります

釣れてから釣りを再開するまでの時間

青物は1匹釣れたら、近くにもっといる可能性が高いです

そのため、釣れてから釣りを再開するまでの時間は重要です

特にがっつりとフッキングしてあると外すの大変ですよね?

そんな時には、ルアーごと外して、付け替えて投げるというテクニックもあります

ただし、魚を持って帰るときのみにしてくださいね

時合が来たら逃さないようにしましょう!

 

秋のショアジギングの注意点

秋のショアジギングの注意点を述べます

先行者に声をかける

秋の釣りは非常に人気で、釣り場がとても込み合います

基本的に釣り場は先行者優先です

十分に距離がとれないときは、先行者の方に声をかけてから釣りをするようにしましょう

ラインやタックルの強さ

飛距離を出したいあまり、ラインをめちゃくちゃ細くするのはやめましょう

魚をとるだけであればPE1号でも十分かもしれませんが、隣の人が近かったりするとどうでしょうか?

近くに人がいれば強引なファイトが求められます

そのため、最低限PE1.5号は必要だと思います

タックルに関しても、弱いタックルで取ろうとするのでなく、周りに迷惑が掛からない程度に強いものを使うことをおすすめします

まとめ

今回は、秋のショアジギングのポイントや、注意点を述べました

暗黙のマナーみたいなところもあるのでトラブルが起きないように釣りをしましょう!

それでは良いフィッシングライフを!

 

-ショアジギング

© 2021 COREPRA BLOG Powered by AFFINGER5