ショアジギング

青物狙いのショックリーダーの太さ長さを徹底解説!

こんにちは、コアプラのシンです

青物狙いに行くんだけど、ショックリーダーの太さどうすればいいの?という疑問にお答えします!

適切なリーダーを使うことでぐっと釣果が上がります!

特に、PEラインよりも魚に近いものであるため非常に重要です

フィールドが決まればおのずと見えてくるので、考えながら読んでみてください!

青物狙いのショックリーダーの太さ

ショックリーダーはショアからのルアーゲームで以下のような役割を果たします

  • 根ずれ、魚ずれの防止
  • 瞬間的なショックの吸収(伸びる)
  • ルアーとの接続(摩擦)

PEラインの弱い部分を補っているんですね!

太いことのメリット

ショックリーダーは太ければ太いほど強度が上がります

単純に強度を上げたい場合は太くすればいいのです

太いことのデメリット

太くすることのデメリットも結構あります

  • 飛距離が落ちる
  • ルアーの泳ぎが悪くなる
  • PEより強いリーダーを使うとPEから切れることがある
  • 魚に見切られる

太い糸は抵抗を受けやすいので飛距離が落ちます

また、リーダーはPEのようにしなやかでないため、ルアーの動きに影響してきます

そして、PEより強いリーダーを使うと、根がかりの際などにPEから切れちゃうことも

ラインが太いことで見切られることもあるので、必要以上に太くするのはやめましょう

 

実際にどれくらいの太さを使うか

それではどのように、太さを決めるのでしょうか

具体的にはフィールドによって決めましょう

サーフや堤防での釣りなら20ポンドくらい

テトラ上なら30ポンドくらい

障害物(岩や沈み根)があるなら、+10ポンドくらいで考えましょう

そして厄介なのが磯場です

磯場といっても釣りやすさはポイントによりけりです

足場が良く、ドン深ポイントであれば40~60ポンドくらいでいいでしょう

しかし、足場が悪い(高い場所など)、浅いポイントであれば100ポンドリーダー使うのがいいでしょう

磯に関しては、ポイントの釣果情報を調べると、大体の目安がつくと思います

 

青物狙いのショックリーダーの長さ

ショックリーダーの長さは基本的に2mあればよいです

ここでは、例外を述べていきます

磯場のショックリーダーの長さ

磯場に関しては基本的に3mくらい取りましょう

また、足場が悪い場所や、浅いポイントだと5mくらいあったほうが安心できます

太さでいう100ポンド使うポイントですね

飛距離は落ちますが、リーダーをガイドに巻き込んでキャストすることになります

 

青物狙いのショックリーダーのおすすめ

最後に青物狙いのショックリーダーのおすすめを紹介します

私はリーダーはすべてクレハ プレミアムマックスショックリーダーを使っています

ショックリーダーは製品ごとに品質や、太さが違うので、いいものを見つけたら使い続けるのがいいでしょう

クレハ プレミアムマックスショックリーダーはどの太さもおすすめなので、全部これでそろえてもいいと思います

サイズも小さく、ライジャケの小さいぽっけに入るのも高評価ポイントです!

 

まとめ

今回は、青物狙いのショックリーダーについて解説しました!

PEラインと違って簡単に変えられるものなので、適切な太さ、長さを心がけましょう!

それでは良いフィッシングライフを!

 

-ショアジギング

© 2021 COREPRA BLOG Powered by AFFINGER5