ショアジギング

青物はシンキングペンシルで狙え! 使い方と使うべきシチュエーション解説

こんにちは、コアプラのHです

皆さん青物を狙うときにどんなルアーを使っていますか?

私は必ずと言っていいほどシンキングペンシルを使っています!

青物狙いでシンキングペンシルを使うのはメリットがたくさんあるんですよ!

おすすめのシンペンが知りたい方は青物シンキングペンシルのおすすめ5選!をよんでみてください!

青物狙いでシンキングペンシルを使うメリット

シンペンを使うメリットは非常に多いです

青物狙いでシンペンを使うメリットを5つまとめました!

メリット1:疲れづらい

一つ目は疲れにくいルアーであるという点です

ゆっくり巻いて青物を誘うことができるためです

青物を釣るうえで、回遊を待ちつつ長い時間投げえることは多いので、疲れづらさは重要なポイントといえます

メリット2:風や波に強い

青物を釣るときによくトップ系のルアーを使いますよね

しかし、ダイペンやホッパーは風や波に弱いです

こうしたタフなコンディションはシンキングペンシルの出番です!

メリット3:すれに強い

青物用のルアーは波動の強いものが多いです

魚がすれているなーと感じた時も、シンキングペンシルの出番といえるでしょう

メリット4:プラグで一番飛距離が出る

シンペンは非常に飛距離の出やすいルアーです

理由としては、シンキングタイプで比重が重いことと、リップがなく抵抗が小さいことが挙げられます

ショアからの釣りにおいて飛距離はかなり重要な要素

特に青物は飛距離が重要なので、シンペンは適しているといえますね

メリット5:レンジが幅広い

シンペンのはレンジが広いです

底から表層までカバーできます

できないことといえば、表層をゆっくりと誘うことと底付近を早く誘うことくらいでしょうか

青物狙いでシンキングペンシルの使い方

基本的に投げて巻くだけです!

青物狙いであれば、レンジを上から下げていくのがいいでしょう

簡単に使えるのがシンペンのいいところですね

使う上でのポイントはルアーを等速で動かすことでしょうか

巻きの釣りでは結構重要なことです

竿先がぶれないようにすることと、リトリーブスピード(リールを巻くスピード)を一定にするように意識するのがいいですよ!

シンペンの使い方

投げて巻くだけ

竿先をぶらさない

リトリーブを一定に

青物狙いでシンキングペンシルを使うシチュエーション

シンペンを使うべき場面についてです

シンペンはとても幅広く使えるルアーなので、最初から投入するのもありですね

トップ系を使うには浅いポイントなどでは最初からシンペンを使うのがいいでしょう

私はサーフで青物を狙う際にシンペンをよく使っています

また、メリットで述べたように、波風に強いルアーなので荒れている日にはシンペンを使うのがいいです

波風でトップ系ルアーを使いづらい場合はシンペンを使うのがおすすめです!

あとは、メタルジグなどアクションをつけるのが疲れた時につかうのもおすすめです

とにかく釣りを続けることが重要ですね!

シンペンを使うシチュエーション

浅めのポイント

波風の強い日

疲れた時

まとめ

今回は青物をシンキングペンシルで狙う方法についてまとめました!

青物狙いでシンペンを使うメリットや使うべきタイミングがわかっていただけたと思います

青物におすすめのシンキングペンシルについては青物シンキングペンシルのおすすめ5選!でまとめているので、よかったら見てみてください

それでは良きフィッシングライフを!

-ショアジギング

© 2021 COREPRA BLOG Powered by AFFINGER5