ヒラスズキ

磯ヒラスズキゲームでのショックリーダーについて解説!

こんにちは、コアプラのHです

今回は、磯ヒラスズキゲームでどんなショックリーダーを使えばいいか解説します

太さ、長さ、ヒラスズキゲームをする上での注意点を解説していきます!

ヒラスズキゲームでのショックリーダーの材質

ヒラスズキゲームはショアからの最も過酷な釣りといわれています

そのゆえんはヒラスズキが荒い海を好むという性質からです

ショックリーダーには耐久性が第一に求められます

なので、フロロカーボン製のショックリーダーを使うのがよいです

ヒラスズキに限らずルアーゲーム全般でフロロカーボンのショックリーダーがおすすめですね

ヒラスズキゲームのリーダーの太さ

次は太さについてです

リーダーの太さは直結強度や、根づれへの強さにそのまま影響してくるので重要です

太ければ太いほうが強度はよくなります

反面、ヒラスズキゲームで使うようなルアーの泳ぎは悪くなるし、ヒラスズキへのプレッシャーも大きいです

ヒラスズキゲームでは30ポンド~40ポンドのリーダーを使いましょう!

これくらいがちょうどいいかなと思います

迷ったら40ポンドで行きましょう!

ヒラスズキゲームのリーダーの長さ

ヒラスズキゲームでのリーダーの長さについてです

釣り場の感じにもよりますが3~5mを目安にします

ヒラスズキゲームでは、フルキャストはあまりしないので、リーダーをガイドに巻き込んでもあまり問題ないです

より重要なのは、ファイト時にPEラインが根ずれしないようにすること!

長すぎても釣りしづらいので、基本3mくらいでいいと思います

根が荒かったり、足場が高いときにはリーダーを長めにする感じで行きましょう!

 

ヒラスズキゲームのリーダーの扱いで注意するポイント

最後にヒラスズキゲームのリーダーの扱いで注意するポイントについてです

リーダーの傷をチェック

釣りをしているとリーダーに傷がついていきます

特に、釣れた後などリーダーを触ってみるとざらざらになっていることが多いです

そのため、こまめにチェックをしてケアする必要があります

先端部分のみ傷ついているなら、先端をカットして使いましょう

リーダーの根本が傷ついているなら、リーダーごと変える必要があります

めんどくさいですが重要なことです

ルアーをなくさないためにも、かけた魚を逃さないためにもリーダーのケアは徹底しましょう

リーダー変えるのめんどくさいって人は、替えスプールか替えのリールを持っておくのも一つの手です

 

まとめ

今回は、磯ヒラスズキゲームでのリーダーについて解説しました

難しい釣りなので、その分道具のケアは万全にして釣りに臨みましょう!

それでは良いフィッシングライフを!

-ヒラスズキ

© 2021 COREPRA BLOG Powered by AFFINGER5