ヒラスズキ

磯ヒラスズキゲームでのPEラインについて解説!

こんにちは、コアプラのHです

今回は、ショアからの最も過酷な釣りとされる磯ヒラスズキに関してです

釣りは魚に近いほうが重要という言葉があるように、PEラインは非常に重要です

ラインの太さや、抑えておきたいポイントをまとめました!

ヒラスズキゲームのPEラインの太さ

磯ヒラゲームとは

磯ヒラスズキゲームは基本的に荒れた日に行います

そのほうがさらしが出やすいし、ヒラスズキがよく釣れるからですね!

風の強い中で遠くに飛ばすにはPEラインは細いほうがいいですよね

風の影響も受けづらいですしね

一方で、ヒラスズキは引きが強いうえに、ポイントは磯場です

強引なファイトが求められることも多く、太めのラインを使いたいです

とくに、青物が出るポイントでは太めのラインがいいですよね!

ヒラスズキゲームでは、強引なファイトに耐えられるできる限り細いPEラインがいいということですね!

ヒラスズキやるなら何本撚り?

PEラインは何本の原糸から作られているかで、キャスト時の抵抗や、直結強度が変わってきます

多いのは4本、8本、12本です

撚り数が多いほど直結強度が高く、キャスト時の抵抗が小さくなります

そう聞くと12本一択のように聞こえますが、値段が高く、横からの力に弱くなります

一本一本が短いため、デリケートということです

そのため、磯での釣りには向かないかなーという印象です

高いラインぶちぶち切れるの嫌ですしね

基本的には8本撚りがいいかなと思います

ヒラスズキゲームのPEラインの太さ

ヒラスズキでは、大物と渡り合えるできるだけ細いラインがいいと述べました

では、具体的にどれくらいの細さがいいでしょうか

結論は、1.5号~2.5号です

強度と使いやすさの観点から考えてこれくらいがベストですね

ターゲットサイズに応じて考えるのがいいでしょう

基本的には2号あればいいかなと思います

2号8本撚りで直結強度はおよそ18㎏です

磯釣りとはいえ、十分な強度といえます

私は、ほかの釣りと共用のリールなので、1.5号を使ってます

1.5号でも直結強度が13kg程度なので、十分ですね

ヒラスズキゲームで使うPEラインの長さ

ヒラスズキゲームでPEラインの長さどれだけほしいかという点について解説します

ヒラスズキ専用なら200m以上、青物もやるなら300mという感じですかね

基本的には300mを推奨します

ヒラスズキゲームはフルキャストすることはあまりないので、300mもいらないと思うかもしれません

しかし、磯場では何があるかわかりません

うまい人でもラインが切れてしまうことはざらです

繰り返すうちに、ラインがどんどんなくなっていくのです

そのため、長いほうがいいと思います

 

ヒラスズキゲームでのPEラインの注意点

次に、ヒラスズキゲームでのPEラインの扱いについてです!

PEラインはデリケートなので、ちょっとしたことで傷がつきます

ロッドの置き方

ロッドを置く際に磯に直接置くのはおすすめしません

ロッド事態に傷がつくのもそうですが、PEラインにダメージが行く可能性があるためです

目には見えないので、あまり気にしない部分ではありますが、需要なことです

ロッドホルダー使うのが一番ですが、ないならリュックの上に置くなどしましょう!

風の向きを気にする

磯ヒラでさらしを打つ時って、岸際に向けて真横にキャストすることありますよね

このとき、岸際に向けて風が吹いていると、磯にラインがすれる原因になります

対策は3つです

  • 風でドリフトさせてポイントに入れる
  • 糸ふけが出ないようにライナーキャストをする
  • 糸ふけが出ないようにキャスト時にサビングする

これを意識しておけば大丈夫!

常に風向きを意識して釣りをしましょう!

替えのスプールまたは、替えのリールを持っておく

どれだけ気を配っていてもラインが切れるときは切れます

せっかく磯に行ったのに、ライントラブルで釣りを続けられないのはもったいないです

対策として、替えスプールを持っておくのがおすすめ!

本体を買うよりは安いし、スプール変更することで一つのリールを様々な釣りに使うこともできます

特に遠征の時は、替えのスプールか複数リールを持っていくかしましょう!

まとめ

今回は、ヒラスズキ狙いのPEラインに関するお話でした!

ヒラスズキは過酷な釣りであるため、意識することが多いです

ある程度堤防やサーフで慣れてきたら始めるのがいいでしょう!

それでは良いフィッシングライフを!

 

-ヒラスズキ

© 2021 COREPRA BLOG Powered by AFFINGER5