リール

ヒラスズキロッドに合うセルテート19の番手とは?

こんにちは、コアプラのHです

セルテートは性能とコスパのバランスの良いリールです

そのため購入を検討している方も多いのではないでしょうか

今回はセルテートをヒラスズキロッドと合わせるなら、番手を何にするかについて解説します!

ヒラスズキをやるときのリールに必要なスペック

まずは、ヒラスズキをやるときのリールの必要な性能をまとめてみます

  • 剛性
  • 対海水性能
  • 重さ

こんなところでしょうか

それぞれ詳しく解説していきます

剛性

まず必要なのは剛性でしょう

とくに、ヒラスズキをやっているときは、青物が釣れる可能性も高いです

そのため、まず第一に剛性が重要です

セルテートはモノコックボディ採用なので、剛性が高くベストといえますね!

対海水性能

ヒラスズキは荒れているほうが釣れる魚です

そのため、海水をかぶることの多い釣りなんです

つまり、海水に弱いリールは、NGということです

セルテートは、マグシールドがあるので心配いらないですね!

重さ

最後に重さです

ヒラスズキロッドは11フィート前後の長めのロッドを使います

そのため、手元に重心を持って来ようとするとリールはある程度の重さが必要になります

ヒラロッドとあうリール重量は大体300~350gくらいですね

 

 

ヒラスズキロッドに合うセルテートの番手は?

本題のヒラスズキに合わせるセルテートの番手についてです

セルテートは剛性と対海水性能は非常に高いので、重要なのはタックルバランス

つまり重さですね

ヒラスズキに使えそうなセルテートのラインナップは以下です

  • LT4000-CXH :235g           PE 1.5-200
  • LT4000-C         :235g     PE 1.5-200
  • LT5000D-CXH :250g           PE 2.5-300
  • LT5000D    :295g           PE 2.5-300
  • LT5000D-XH    :295g          PE 2.5-300

基本的には

基本的に選ぶべきはLT5000DまたはLT5000D-XHです

5000番はハンドルノブが大きいので、青物にも流用できます

サラシの中から青物が出てくることもあるので、青物がとれるか否かは重要ですね

XHがついているのとついていないのでは巻取り量が違います

メタルジグとかメタルバイブのような早巻きをするルアーが使いたいならハイギアモデルのLT5000-XHを選びましょう

プラグ中心に使うなら、ノーマルギアでもいいのかなという印象です

基本的には、ハイギアモデルのLT5000D-XHでいいと思います!

 

 

マルチに使える

基本的には5000番を使おうといいましたが、ほかの釣りに流用するなら、4000番や5000番のCモデル(コンパクト)もありかなという印象です

すでにLT4000CやLT3000を持っているとかであれば、それを使ってもいいでしょう

コンパクトモデルは、ボディが3000番です

スプールの大きさが3000、4000、5000と違うのですね

スプールに互換性はないものの、ダイワ Daiwa SLPW EX LTスプール 5000S ブラック 00082200互換性のあるスプールがあります

シャロースプールになので、細い糸が使えるようになり、エギングやシーバスに流用できるのです

ちなみに僕はLT4000Cをヒラスズキロッドに合わせてます

ジグなどのロッドアクションを多用する釣りだと重心位置が気になりますが、私はプラグメインなのであまり気にならないですね

シーバスゲームやエギングではカスタムスプールを使っています。

PE0.8号を巻いて使っていますが、非常に使いやすいです!

見た目も通常のものよりかっこいいのでおすすめです!

スプールは大体12000円で売っていますね

 

 

まとめ

今回はセルテートをヒラスズキロッドと合わせるときの番手に関してまとめました

セルテートは非常に良いリールなので、ぜひとも使ってほしいです!

それでは良いフィッシングライフを!

-リール

© 2021 COREPRA BLOG Powered by AFFINGER5