ヒラメ・マゴチ

ヒラメ狙いのPEラインについて 長さ太さやおすすめの撚り数を解説!

こんにちは、こあぷらのHです

今回は、ショアからのヒラメ狙いのサーフゲームではどのようなPEラインを使えばよいでしょうか?

PEラインの太さ、長さ、注意点について解説していきます!

ヒラメ釣りの特徴

ヒラメはサーフで釣れますよね

サーフゲームで一番重要なポイントは飛距離です!

ヒラメ自体はそこまで引きが強くない上に、サーフは障害物が少ないです

そのため、ヒラメ狙いのPEは飛距離を第一に考えて選びます!

ヒラメ狙いのPEの撚り数

PEラインは原糸をより合わせて作られています

原糸の数が4本であれば4本撚り、8本なら8本撚りといいます

そして、基本的には撚り数が多いほど摩擦が減り飛距離が伸びるといわれています

また、直結強度も撚り数が多いほど高い傾向にあります

そのため、できれば12本撚りを使いたいところです

単純に摩擦を減らせるうえに、直結強度的により細いものを使えるためです

しかしながら、12本撚りのPEラインは高価です

お財布と相談しつつ決めるのがいいですね!

ちなみに、私は8本撚りを使ってます

ヒラメ狙いのPEの太さ

一番需要な太さについてです

サーフでヒラメを取るのは細いラインでも可能です

0.8号とかでも取れます

ヒラメの引きよりも気にすべきはキャスト切れです

サーフで使うルアーは大体30g前後でしょう

また、サーフでは基本的にフルキャストしますよね

PEラインにかなり負荷がかかるので、キャスト切れしない程度の太さが必要です

具体的には4本撚りなら1.5号、8本撚りなら1.2号くらいですね

青物とかも回るようなポイントならワンランク上の太さを使うのがいいでしょう

ヒラメ狙いのPEの長さ

サーフゲームは飛距離が命です

100m先で魚をかけた場合や、PEラインが切れた時のことを考えると、できるだけ長さが欲しいです

そのため、PEラインの長さは300m一択といえます

リールのスペック的に巻けないなら、200mでも大丈夫です!

 

まとめ

今回は、ヒラメ釣りに使うPEラインについて解説しました

ヒラメゲームでは飛距離が重要です

そのため、PEラインは細くかつ、キャスト切れしないレベルの太さのものを使いましょう!

それでは良いフィッシングライフを!

 

-ヒラメ・マゴチ

© 2021 COREPRA BLOG Powered by AFFINGER5