釣り知識

なぶらとは?狙う際の注意点と狙い方を解説します!

こんにちは、コアプラのHです

今回は、なぶらについて解説します!

魚が釣りやすい状況なので、見つけれたら超ラッキーです!

しかし注意すべき点も多いので紹介していきます!

なぶらとは

なぶらとは小魚が大型の魚に追われて、海面にできる波紋のことを言います

なぶらが見えたら、追っている大きな魚がいるということなので、釣れる可能性が非常に高いです!

似た言葉として、ボイルという言葉があります

ボイルは、大型の魚が海面に食いあげてできる波紋のことです

なぶらは広範囲にできるのに対し、ボイルは単発なこともあります

なぶらのベイト

なぶらのベイトとしては

  • イワシ
  • あじ
  • さば
  • きびなご
  • しらす

あたりが多いです

なぶらのフィッシュイーター

なぶらが沸くときのフィッシュイーターは主に青物や、シーバスです

小さいと20センチのサバがシラスを追っていたりします

大きいものだと、マグロがベイトを追っていたり!

夢があっていいですね!

なぶらを打つ時の注意点

なぶらが出た際にはいくつか注意する点があります

ポイント1:周りの人とお祭りしないようにする

最初の注意点は、マナーの部分ですね

なぶらを見つけたからと言って、隣の人とお祭りするようなコースにキャストをしないようにしましょう

お祭りすると貴重ななぶらの時間がもったいないですし、なにより隣の人の迷惑ですからね

また、なぶらの近くに行こうとして、横入りするのもマナー違反なので注意しましょう!

ポイント2:なぶらに直接ルアーを入れない

これも重要です

直接なぶらにルアーが入ると、なぶらが散ってしまう可能性があります

なぶらの奥に投げて、巻いてくるのが基本です!

なぶらの狙い方

なぶらが出たら、とりあえずその時に着けているルアーを入れてみます

この時なぶらの奥にルアーを入れるようにしてくださいね

反応がないまたは、飛距離的に届かなければ、ルアーを変更します

もし、ベイトがわかるならルアーを選ぶのは簡単ですね

サイズに応じたルアーを使ってください

問題は、飛距離的に届かない場合と、シラスパターンです

飛距離がいるのなら、タングステンジグを使うのがいいです

多分一番飛距離が出るので

タングステンジグで届かなければあきらめましょう

シラスパターンの時は、波動の弱いワームや、シンペンのクリアカラーを使いましょう

シラスパターン・マイクロベイトパターンの青物を攻略! これだけ持っとけば間違いなし!で詳しく紹介しています

よかったら読んでみてください

 

まとめ

今回はなぶらについて解説しました

なぶらは見つけたら大チャンスなので、積極的に探すようにしましょう!

それでは良いフィッシングライフを!

 

-釣り知識

© 2021 COREPRA BLOG Powered by AFFINGER5