釣り知識

根のがかりの外し方徹底解説 ロッドを曲げるのはNGです!

こんにちは、コアプラのHです

根周りには魚がいるし、根周りを攻めるのはアングラーの常識

一方で、根周りを攻めると根がかりがつきものです

今回は、根がかりを外す方法に絞って解説をしていきます!

根がかり事態を減らしたい方はこちらを読んでみてください!

根がかりの御法度

まずはやってはいけない方法から紹介しますね

ッドを曲げてガンガン外そうとする

これ御法度です

外れるときもありますが、ロッドへのダメージが大きいのでおすすめできません

ロッドが曲がることで、ロッドそのものにダメージが行くのもありますが、特にガイドへのダメージが大きいです

ガイドは硬質な素材で作られていますよね

ガイドとロッドの接続部は、ロッドが曲がることでダメージを受けていきます

目には移りずらい部分ですが、確実にダメージは重なっていきます

ファイト中に曲げるのはいいですが、それ以外のときに曲げるのはやめましょうね

根がかりの外し方

ということで、今回紹介するのはロッドにダメージを与えにくい方法です

ぜひともマスターしてください!

根がかりした瞬間

まず根がかりしたと思ったら引っ張らないことが重要です

根がかりした瞬間は、フックが根に食い込む前であることが多いからです

食い込む前であれば簡単に外せるので、根がかりしたら引っ張る癖は直しましょう

フックが食い込む前

フックが食い込む前であれば簡単に取れるときが多いです

具体的には以下の手順

  1. ベールを起こし、ラインを人差し指にかける
  2. ロッドを軽く曲げ、少しテンションをかける
  3. 人差し指を外すことで、ロッドの反動でフックが外れる

この手順を3回くらいやってみてください

フックが食い込んでなければこれで解決です!

フックが食い込んでいる

フックが食い込んでしまい、上の方法ではどうしようもないとき

これは力任せに引っ張るしかないです

引っ張るときにロッドを曲げて引っ張るのではなく、竿先をルアーのほうに向け、竿を曲げないように引っ張ります

ロッドのモーメントがない分、ルアーに力を伝えやすく、ロッドのダメージもないです

ドラグが出るようならば、ドラグを締めこみましょう

根からフックが外れるか、フックが曲がって取れると思います

上がってきたらフックの確認をしましょうね

根がかりが外せない人へ

根がかりが外れない人は一定数いると思います

考えられるのは以下の2ケース

ラインシステムが甘いケース

私が初心者のころは、

  1. 根がかり
  2. 外そうとしてラインブレイク
  3. 釣り座で弱いノットを組む

という悪循環を繰り返していました

このケースはラインシステムが強くなれば外せる可能性が高いので、ノットの組み方を勉強しなおしましょう

どんな釣りにもおすすめなのが、ミッドノットです

よかったら読んでみてください

ラインシステム、フックが強すぎるケース

上とは逆にラインやフックが強く、フックががっつり根に食い込んでいると外れなくなります

ドラグをマックスにして引っ張っても外れないなんてこともあります

こんな時は、フィッシュグリップにタオルを巻き、その上からロッドの先から出ているPEラインを巻き付けます

そしてフィッシュグリップを引っ張りましょう

フィッシュグリップに巻き付けたPEが滑る場合は、巻き数を増やしましょう

これでも取れなければ切断ですかね

まとめ

今回は根がかりの外し方を解説しました

根がかりした瞬間にロッドをあおって外そうとするのはやめましょうね

フックが食い込む前なら簡単に取れますから!

根がかりによるロストをなくすことは、釣り場の環境改善にもつながるので、ご協力お願いします!

それでは良いフィッシングライフを!

-釣り知識

© 2021 COREPRA BLOG Powered by AFFINGER5