ショアジギング

雨の日のショアジギング 知っておきたい知識まとめ

こんにちは、コアプラのシンです

今日は釣りに行ける貴重な週末!

しかし、雨です

あなたならどうしますか?

私は雨でも行っちゃいます!雨であっても釣れますからね!

今回は、雨の日にショアジギングをする際に気を付けたいポイントを解説していきます!

雨の影響

雨の日にはどのような影響があるのでしょうか?

海中の塩分濃度の低下

基本的に青物は淡水を嫌いますよね

雨が多く降ると海面の塩分濃度が下がっていくので、どんどん深場にいってしまいます

一方で小雨であれば、表層に青物が回ってくることもあるので、雨量は注意したいポイントです

海中が濁る

雨によって海中が濁ることも考慮しなくてはなりません

濁りが出ると青物よりもシーバス狙いに切り替えるのが吉でしょう

特に河口付近のサーフなどは濁りやすいですね

海水温への影響

めぐみの雨なんて言葉もあるように、雨はプラスに働くこともあります

具体的には、海水温の調整ですね

雨が降ると下がる方向に海水温が動くので、夏場の雨はプラス要素になります

逆に、晩秋や冬の雨は、釣り人にとっても魚にとってもマイナスの要素です

おとなしく家にいるのがいいでしょう

釣り人が減る

単純に雨を嫌って釣り人が減ります

その分いつもよりいいポイントには入れたりしますね!

やはり潮通しの良いポイントは、釣果が変わってきます

堤防先端だけ釣れてたなんて話よくありますよね

雨ならそう言った好ポイントに入りやすいのです!

低気圧により活性が上がる

低気圧の時は魚の活性が上がる

こんな話を誰しも聞いたことがあるはず

私自身多少あれてるくらいのほうが釣れてるので、これは信ぴょう性ある気がしますね

 

雨の日のショアジギングおすすめアイテム

カッパ

雨の日の釣りに必須なのがカッパです

着るタイプの上下セパレートなものがおすすめ!

カッパは防水生地なので雨でない日でも下だけ使うこともできます

ショアジギングをするポイントは多少波をかぶるポイントが多いので、カッパがあるととても安心できますね

スパイクシューズ

ショアジギングは、岩の上やテトラの上などで釣りをすることが多いです

雨の日は特に滑りやすいです

雨の日に限った話ではありませんが、必ずスパイクシューズは装備して下さい!

タオル

結構な確率で忘れちゃうのがタオルです

雨の日の釣りでは必須でしょう

最近はコンビニでも購入できるので、行きがけに買っておくのをおすすめします

濡れたものを入れる用のかご

釣りが終わって濡れたものをそのまま積むのは嫌ですよね

かといって全部拭くのも大変です

そんな時は、適当なかごを車に積んでおくことをおすすめします

濡れてるものは全部ポイできますのでおすすめです

かごでなく、袋とかでも大丈夫です!レジ袋とかでもOK

雨の日のショアジギングで使いたいルアー

雨の日に使うべきルアーはずばりメタルジグとシンキングペンシルです

どちらも沈めて使えるルアーですね

高比重のため、雨の中でも飛距離を出しやすいのも魅力的です!

雨の日は基本的に深めのレンジを狙うのがよいので、高比重のルアーをつかいましょう!

釣りに行ってはならない条件

最後に釣りに行ってはいけない条件を解説します

台風のとき

台風による大雨の日はやめましょう

当たり前ですが基本釣れません

台風でも釣れる魚はヒラスズキくらいのものでしょう

雷があるとき

雷が鳴ってる日もNGです

釣りしているときに雷が聞こえたら速攻で非難しましょう

命大事にで行きましょうね!

 

まとめ

今回は、雨の日のショアジギングについて解説しました

雨でもショアジギングはできるので、装備をそろえていってみてください!

それでは良いフィッシングライフを!

 

-ショアジギング

© 2021 COREPRA BLOG Powered by AFFINGER5