ショアジギング

ロックショアの荷物は最低限に!釣り場の近さによって変わります

こんにちは、コアプラのHです

ロックショアで何を持っていくのかお悩みの方おおいのではないでしょうか

地磯には片道1時間以上のポイントもおおいですからコンパクトさが求められます

今回は、必要な荷物をまとめました!

ぜひとも参考にしてください!

ロックショアの最低限必要な荷物

帽子や磯靴ライジャケなど身に着けるもの以外をまとめていきます

磯場での装備について知りたい方はロックショアの始め方を読んでみてください!

最低限必要なものを下記にまとめます

最低限の荷物

  • タックル
  • リュック(ルアーケース、水分、ショックリーダー、ストリンガー、ライト、袋)
  • フィッシュグリップ、プライヤー(ライジャケ内)

タックル

タックルは基本一つ持っていきます

また、ロッドカバーごと持っていくようにしましょう!

磯場で傷つかないようにするためです!

リュック

磯場を歩く際は、手が使えるようにしなくてはなりません

片手はロッドで埋まるので、もう片手をフリーにするために、リュックを使います

ルアーケース、水分、ショックリーダー、ストリンガー、ライト、袋と持っていくものが多いので、容量がおおく、防水のものがいいで

フィッシュグリップ、プライヤー

ライフジャケットに入れている人が多いと思います

磯場では様々なさかなが釣れるので、フィッシュグリップが必須です

ゼッタイにもっていきましょう

また、磯場ではスナップでなくリングを使うので、プライヤーが必要です

魚のフックを外すときなども使うので持っていきましょう

ポイント次第では持っていく荷物

釣り場が、ずり上げるのが困難なポイントであれば取り込み用のギャフが必要です

磯場ではランディングネットではなくギャフを使うようにしましょう

また、釣り場が近くアクセスがしやすい場合や、渡船であればクーラーボックスを持っていくのがいいでしょう

特に夏は保存に不安が残りますからね

しかし、クーラーを持っていくと危ない道があるなら、絶対にもっていかないでください

命が一番大事です

まとめ

今回は、ロックショアの荷物についてまとめました

ロックショアは楽しいですが、危険の伴う釣りなので、準備は万全にしていきましょう!

それでは、良いフィッシングライフを!

-ショアジギング

© 2021 COREPRA BLOG Powered by AFFINGER5