釣り知識

サラシとは?発生する条件や狙い方を解説します!

こんにちは、コアプラのHです

今回は、サラシについて解説していきます

サラシを狙えるようになるとかなり釣果を伸ばすことができるので、ぜひとも読んでください!

サラシとは

サラシというのは、水中に空気の泡が入りこんだ状態のことを言います

よくテトラ際や、堤防際で波が砕けて白くなっているところがありますよね

サラシでつれる魚は様々ですが、有名なのはシーバスでしょう

特に、磯でのヒラスズキはさらしを打つのがメインになります

サラシで釣りやすいのはなぜ?

サラシで魚が釣りやすいのはなぜでしょうか?

  • サラシの中の魚の活性が上がること
  • サラシの中はプレッシャーが低いこと

上の2点があげられます

プレッシャーが低いから警戒が薄れて食いやすくなるということですね!

サラシはどうしてできる?

サラシは波が岩やテトラに当たってできます

そのため、波が強い日のほうができやすいです

しかし、波が高いと危ないので、バランスが大事ですね

私の行くポイントは、波が2mを超えると危ないです

サラシがいい感じに出るのは波が1.5~2mの時です

こういった情報は、自分で地道に集めるしかないので、波予報などをうまく活用しましょう!

サラシの狙い方

サラシの狙い方についてです

基本的な狙い方

基本的には上のレンジから探っていきます

上のほうがさらしが濃く見切られづらいですからね

まずはフローティングミノーからですね

しかし、サラシがぶ厚いときなどは、フローティングミノーでは釣れません

そのため、下のレンジを通すためにシンキングミノーを使います

特にアクションをつけなくてもいいです

明らかに見切られているならば、レンジを上げるかVJを使うかですね

僕の場合VJ使ってだめならあきらめます

浅いポイントの狙い方

浅めのポイントであれば、ジグヘッドのほうがいいでしょう

根がかりの回避ができます

竿をたてて表層を探る感じで誘いましょう!

テトラの間

堤防などではテトラの間にさらしが出ることが多いです

このケースもジグヘッドがよいです

根がかりしづらいですからね

上のレンジから誘うようにしましょう!

サラシが少なかったり、たまにしか出ない場合

サラシは海中の気泡なので、時間がたつとなくなっていきます

そのため、大きな波の後しかさらしが出ないというケースも

そんな時には、サラシが出ていないときは待ちます

サラシが出た時だけ投げると魚がすれにくくていいですよ!

遠くのポイントの場合

距離的にミノーでは厳しいということもありますよね

そんな時にはシンキングペンシルを使いましょう

飛距離抜群で、浮き上がりがはやめのものが多いのでちょうどいいです

まとめ

今回はさらしの攻略法に関して解説しました!

上のレンジほど見切られづらいため、上から探っていくようにしましょう!

それでは良いフィッシングライフを!

 

-釣り知識

© 2021 COREPRA BLOG Powered by AFFINGER5