ロッド

シーバスロッドとエギングロッドの違いを徹底解説!

こんにちは、コアプラのHです

今回はシーバスロッドとエギングロッドの違いについて解説していきます!

どちらを買うか迷っている方は一度読んでみてください!

シーバスロッドの特徴

シーバスロッドは名の通りシーバスを狙うためのロッドです

シーバスは生息域が非常に広く、どぶ川のような場所から荒磯までさまざまです

磯でのシーバス釣りは磯ヒラロッドをつかうので、磯以外のポイントで使うのがシーバスロッドという認識で大丈夫です!

長さ

シーバスは非常に幅広く生息しています

そのため、フィールドごとに様々な長さがあります

一般的にショアから使うなら、9フィート前後のものを使うことが多いでしょうか

硬さ

シーバスはかかったらエラ洗い(表層で暴れること)をして逃れようとします

シーバスロッドは、ロッド全体が曲がることによって、エラ洗いのショックを吸収してフックが外れることを防ぎます

全体的に曲がるのがシーバスロッドの特徴ですね!

重さ

ショアで使うシーバスロッドは120g~180gくらいが多いです

シーバスは大きなアクションをつけなくていいので、長時間使っても疲れにくい重さですね!

エギングロッドの特徴

エギングロッドはシーバスロッドと比較して特徴を述べていきます

長さ

だいたい8フィートくらいです

エギングは長すぎるとアクションをつけづらく、短すぎると餌木の飛距離が出ないです

そのため、ちょうどいいのがこのくらいの長さですね

シーバスロッドよりも短めです

硬さ

エギングロッドは餌木をきびきびと動かせる硬さと

イカがかかった時の身が切れないためのディップ(ロッドの先端部)のやわらかさを兼ね備えています

イカは引きが強くないので、あまり強い竿ではないです

重さ

エギングロッドの重さは100g前後です

前述したように以下は引きが強くないので、操作性を上げるために極力軽量化されているからです

シーバスロッドに比べて、短く軽いので、アクションをつけるときは特に軽く感じます

ガイド

エギングロッドのガイドは非常に小さいです

これはアクションを付けた際にライントラブルが起こりにくくするためです

ロッドの中にラインを通すインターラインロッド(飛距離出ないけどトラブルレス)もある

シーバスロッドとエギングロッドの違い

シーバスロッドとエギングロッドはそれぞれターゲットに合わせたロッドの性能になっています

大きく違うのは使い方でしょう

シーバスはアクションをつけるとしても基本的に小さめ

エギングは大きくアクションをつけえる必要があります

そのため、エギングロッドのほうが硬く短く軽いのですね

シーバスロッドとエギングロッドどっちを選べばいい?

シーバスもエギングもしたい人はどちらのロッドを買えばよいのでしょうか?

私はシーバスロッドのほうをおすすめします!

理由は2点です

  • ライトショアジギングもできる点
  • シーバスロッドのほうが丈夫

イカが釣れるポイントって、イカだけでなくシーバスや青物が回ってたりもします

そんな時にとっさにメタルジグを投げて使いやすいのは断然シーバスロッドです

逆にエギングロッドであれば、エギングシーバスだけでなく、アジング、メバリングに使えます

そのため、ご自身のやりたい釣りに合わせて選ぶのがいいでしょう!

まとめ

エギングロッドとシーバスロッドの違いを紹介しました

どちらもマルチに使うことのできるスペックがあるので、最初に買うロッドにぴったりです!

それでは良いフィッシングライフを!

-ロッド

© 2021 COREPRA BLOG Powered by AFFINGER5