ショアジギング

ショアジギングのリーダーの必要性 リーダーがないとどうなるの??

こんにちは、コアプラのHです

今回はショアジギングにおけるリーダーの必要性に関する記事になります

みなさん一度は思ったことがあるはず

リーダーっていらなくね?と

しかし、ショアジギングに限らず、ルアーゲームでショックリーダーは必要なので必ずつけるようにしましょう!

ショアジギングにおけるショックリーダーの必要性

まずは、ショックリーダーの役割についてです

ショックリーダーの役割

ショックを吸収する

摩擦系ノットがしやすい

根ずれで切れにくい

ショックの吸収について

急激に力がかかった際に、ショックリーダーが伸びることで、吸収してくれます

特に、魚がかかった時や、キャストの際など急に力がかかった時に有利になります

普段釣りをしていてもあまりわからない部分かもしれませんが、ライン、ロッドや体の負担を減らしてくれます

摩擦系ノットのしやすさについて

基本的にルアーや、スナップとラインを結ぶときに摩擦系のノットを使いますよね

摩擦というのは、面積に応じて力が大きくなります

そして、PEラインに比べてショックリーダーは太いです

そのため、結束部の設置面積が大きい=摩擦が大きくすっぽ抜けにくいというとになります

根ずれに対する強さについてです

PEラインは直線強度は非常に高いです

その一方で横からの力に非常に弱いラインです

そのため、特に岩や、テトラなどで擦れることの多いルアーから2,3mはショックリーダーを使うのがよいとされています

ショックリーダーの必要性についてわかっていただけたでしょうか

ショアジギングでショックリーダーがないとどうなる?

次にショックリーダーがなく、PEラインを直接ルアーに結んだらどうなるのかについてです

結論から言うとルアーがすっぽ抜けます

キャストの時や、魚がかかった時など、急激な力がかかった時にすっぽ抜けると思います

危ないしルアーが勿体ないので、絶対にやめましょう

リーダーがなくてもいいと思う人って…

そもそも、ショックリーダーがなしでもいいんではないかと思うのは、ラインブレイクが多い人が思うのではないでしょうか?

私も、現場でラインブレイクをして、リーダーを結びなおしているときに、リーダーなしで釣りしたいなーとおもっていました

しかし、ちゃんとしたノットを覚えてからは、ラインブレイクも減りこうした気持ちを抱かなくなりました

そのため、ミッドノットを覚えることをおすすめします

ライントラブルから解放され快適に釣りができますよ

まとめ

今回はショックリーダーの必要性についての記事でした

ショックリーダーの必要性がわかっていただけたと思います

特に、ラインブレイクが多い人は、強いノットを覚えるのがいいと思います

ミッドノットがおすすめですので、読んでみてください!

それでは強いノットを覚えて快適な釣りを楽しんでください!

-ショアジギング

© 2021 COREPRA BLOG Powered by AFFINGER5