ショアジギング

[ショアジギング]釣りやすい季節とは??知っておくべきその理由も併せて!

こんにちは、コアプラのHです

今回は季節ごとのショアジギングの釣りものと、おすすめの時期の理由についてです!

もちろん地域差がある点もありますが、おおよそ共通することも多いので、しっかりとポイントを抑えて釣果のアップを図りましょう!

季節ごとにショアから釣れる魚

まずはこのグラフを見てください

さて、このグラフからわかる通り、1,2,3月はほとんど釣れませんね

この時期は岸際の水温が低すぎるため、ほとんど接岸しません

逆に、真夏は水温が高すぎて、接岸が減ってきます

そのため、春と秋がねらい目ですね!

人間にとっても過ごしやすく、釣りには最適の時期です!

釣りたいならば産卵前後を狙え!

とにかく釣りたい人は、産卵前後を狙いましょう

産卵前後は、多くの魚が体力をつけるために荒食いをするので、非常に釣りやすい時期といえます

とくに、産卵のために接岸するヒラマサ、真鯛、ヒラメはねらい目です

また、シーバスも産卵のために深場に行くものの、その前後では接岸し荒食いをするので、よく釣れます

ヒラマサ

ヒラマサは4,5月いわゆる春マサが有名です

産卵前に、接岸して荒食いをする時期のため、サイズもでるためベストシーズンといえます

産卵後の7,8月も夏マサとして有名です

回復のための荒食いの時期なのでおすすめです

産卵場所として有名なポイントにいくのがいいでしょう

とても引きの強い魚なのでしっかり準備をして臨みましょう

真鯛

真鯛5月前後に産卵をします

そのためこの時期がベストシーズンです

真鯛は水深のある所に来るため、水深のある所を狙いましょう

具体的には5m以上水深があるといいです

磯などの深場がおすすめです

ヒラメ

ヒラメの産卵は5月前後です

この時期は数が釣れるので、非常に楽しめます

丁寧に底を探れば高確率で釣れます!

波打ち際のあたりまでしっかりと探るようにしましょう

シーバス

非常に広く分布している魚です

シーバスは産卵で、深場に行くものの、その前に岸際で荒食いをします

そのため、10,11月はサイズの良いシーバスを狙うことができるおすすめの時期になります

また、4月には産卵を終えたシーバスがバチ(ゴカイなどの虫)を食べに岸際によってきます

この時期はバチ用のルアーにすると非常によく釣れるためにお勧めです

釣りたいなら水温も気にしよう

さて、ここまででおおよその釣れる時期は分かったかと思います

しかしながら毎年同じ時期に釣れるわけではありません

そもそもこの産卵期はどのように決まるのでしょう

魚は人間のようにカレンダーを見ているわけではありませんよね

正解は水温によって動いているといわれています

そのため、釣れる時期の水温はチェックしておくのがいいです

春と秋は人間が過ごしやすいのと同じで魚にとっても過ごしやすい水温になっているためによく釣れるのでしょうね

まとめ

今回季節による釣れる魚から、釣れる理由までを記しました

特に産卵と水温は釣れる魚種と密接にかかわっているので、意識してみるといいでしょう

それでは良いフィッシングライフを!

-ショアジギング

© 2021 COREPRA BLOG Powered by AFFINGER5