ショアジギング

ショアジギングで青物の釣れる時間帯は潮の動きが重要!

こんにちは、コアプラ のHです

今回はショアジギングで青物を狙うべき時間帯についての記事です

基本的にはまづめ時が良いと言われていますが、それ以外にも釣れる時間帯はあるんですよ!

基本的な釣れる時間帯から、意外な時間帯まで記載したので、是非みていってください!

ショアジギングで青物を釣りたいなら朝まづめ

ショアジギングのターゲットである青物は、1日に食べる餌のうちの7割を朝まずめに食べると言われています

そのため、一番釣りやすい時間は朝まずめです!

特に初心者の人は、朝まづめを逃さない様にしましょう

具体的には、日の入りの30分ほど前から釣りを始めましょう

ちょうど明るくなってくる頃なので、釣りもしやすいです

夕まづめも青物にはいい時間帯

一日のまづめ時は二回あります

一つは先ほどもいった朝まづめです

もう一つは夕まづめといって、日の入りの前後の時間帯になります

この時間帯も青物がよく釣れる時間帯なので、是非とも狙ってみてください

具体的には、日の入り1時間前くらいから釣りをするといいでしょう!

昼でも青物が釣れるのは潮の動く時間帯!

昼まづめという言葉を聞いたことがあるでしょうか

私は最近まで知らなかった言葉です

昼にも魚がよく釣れる時間帯があることから、この言葉ができたと考えられます

これは実際に釣れる具体的な時間があるのではなく、潮の効いてくる時間帯があるといことなのではと思っています

と言いますのも、私が昼間の時間帯に釣れたことがある時間帯は、おおよそ潮の動きが活発な時間だったからです

青物は潮の効いているポイントが好きであるというのはみなさん効いたことがあると思います

そのため、潮の効いてくる時間帯は押さえておくといいでしょう

日々変わるので、潮見表で、干潮と満潮の時間の間の時間帯を探してみてください!

青物は夕まづめのあとも意外と釣れる!

最後に、夕まづめの後の時間帯を紹介したいと思います

この時間帯、意外と釣れます!

しかも大物の実績がかなり高いです!

青物というと暗いうちは釣れないというイメージがあると思います

そのため、この時間帯は他の釣り人もいなく、非常に快適に釣りができるという点も魅力的です

一方で、足場の悪い場所でくらい時間に大物をかけてしまうと、危ないため必ず足場の良い場所で釣りをする様にしてください

さて、具体的な時間ですが、日の入り後の2時間ほどが勝負です

くらい時間のため、チャートカラーの様なアピール力のあるルアーを使いましょう

また、アクションについてもデットスローで良いです

私のホームポイントである遠州灘サーフではサイレントアサシンの実績が良いです

飛距離が欲しいならば、シンキングペンシルも候補に上がってくると思います

ナイトシーバスを習うついでに、ブリも狙ってみると良いでしょう!

まとめ

今回は青物の釣れる時間帯についてをまとめました。

基本となる朝夕のまづめ時は外さない様にしましょう!

青物は昼でも釣れる可能性がある魚です

特に潮の効いている時間をチェックしておきましょう

最後に、日の入り後の2時間も意外と釣れるので試してみてください!

それでは、良いフィッシングライフを!

-ショアジギング

© 2021 COREPRA BLOG Powered by AFFINGER5