ショアジギング

ショアジギングで使うルアーの重さとは!

こんにちは、コアプラのHです

今回はショアジギングで使うルアーの重さについての記事です

ショアジギングで使うルアーの重さがわからないという人はぜひとも見てみてください

ショアジギングで使うルアー

まずはショアジギングで使うルアーについてです

  • ダイペン
  • ホッパー
  • メタルジグ
  • メタルバイブ
  • シンペン
  • ミノー

ショアジギングで使うルアーの代表的なのはこのあたりでしょうか

ダイペンや、ホッパーはトップで使うため、あまり重さは関係ないですね

重要になってくるのはサイズでしょう

ミノーやシンペンも同様です

そのため、重さが重要になってくるのは、底を取って使いたいメタルジグや、メタルバイブでしょう

今回はメタルジグ、メタルバイブのルアーウェイトに関して考えていきます

ショアジギング用ルアーの重さ

ルアーの重さというのは言い換えると、底を取ることができる重さのことです

つまりフィールドによって変わるということになります

また、ルアーのフォルムや、潮の流れの速さによっても変わりますので、大体の目安としてください

ポイントの深さがわかる場合

深さ0~10m:30g程度

深さ10~20m:50g程度

深さ20m~:70g程度

比較的潮の影響を受けにくいスリムなタイプのルアーであれば、多少軽くてもいいです

また、潮の早い場所ではこれより重たいものを使うようにしましょう

ポイントの深さがわからない場合

はじめていく場所などはポイントの深さがわからないですよね?

そういったときは、フィールドから重さを選びましょう

堤防:30g程度

サーフ:30g程度

磯:70g程度

サーフや堤防からの釣りで、底がとれないほど深いポイントはそうそうありません

そのため30g程度のルアーがあれば十分に底を取ることができます

逆に磯場は水深があり、潮の流れが速いポイントが多いです

そのため、重ためのルアーを持っていくようにしましょう

まとめ

いかがだったでしょうか

ショアジギングで使うルアーの重さについてイメージがついたかと思います

皆さんの釣りの助けになれば幸いです

それでは、良いフィッシングライフを!

-ショアジギング

© 2021 COREPRA BLOG Powered by AFFINGER5