ショアジギング

ショアジギングのショックリーダーの長さを徹底解説!

こんにちは、コアプラのHです

ショアジギングでリーダーをどれだけとればいいか迷った経験はありませんか?

今回は、シチュエーション別のショックリーダーの長さを解説していきます!

ショアジギングのショックリーダーの役割

ショアジギングにおいてショックリーダーは様々な役割を果たしています

根づれの防止

ショアジギングではPEラインを使います

PEラインは直結強度(引っ張り方向の強度)が強いのですが、横からの力や熱によわいです

そのため、岩場やテトラにすれると簡単に切れてしまいます

特に大きい魚をかけた場合だと、魚体にすれて切れることもあります

ショックリーダーは横からの力に強いので、根づれに強いです

瞬間的なショックの吸収

キャスト時や魚がかかった時など、瞬間的に大きな力がかかることがあります

PEラインは直結強度は強いものの、伸びないので瞬間的な力に弱いです

そのため、ショックリーダーによって吸収しラインが切れることを防ぎます

ルアーとの接続

PEラインをルアーやスナップに直接接続するのは困難です

基本的に接続は摩擦系ノットで行うのですが、PEラインは細いので十分な設置面積がとれません

そのため、摩擦が弱くすぐにすっぽ抜けてしまいます

ショックリーダーを使うことで、十分な摩擦力が見込めるので、すっぽ抜けることがなくなります

 

ショアジギングのショックリーダーの長さ

ショックリーダーの役割を踏まえると、ショックリーダーの長さはどのように決めればいいでしょうか?

基本的な考え方

基本的には、長くて困ることがないと思います

しかし一方で、キャスト時にガイドに巻き込むと飛距離の低下やライントラブルにつながります

そのため、キャスト時にガイドに巻き込まない程度の長さを選ぶのがいいでしょう

具体的には、10フィート前後のロッドであれば、たらしをリールくらいまで取ることが多いです

そのため、2mほどとるのがいいでしょう

例外

例外としては、非常に根が荒いポイントで、大型のターゲットとファイトをする場合です

主に磯場での大型青物をターゲットにしたショアジギングですね

この場合はガイドに巻き込んでもいいので、リーダーを長くとったほうがいいでしょう

リーダーを長くとることで、飛距離は落ちてしまいますが、キャッチ率は格段に上がります

まとめ

今回はショアジギングのリーダーの長さについて解説しました

ショックリーダーはある程度長さがあることで、役割を果たしています

基本的には、ガイドに絡まない程度に長くとることを推奨します

それでは良いフィッシングライフを!

-ショアジギング

© 2021 COREPRA BLOG Powered by AFFINGER5