釣り知識

ルアー釣りで重要なボトムの取り方と誘い方を解説!

こんにちは、コアプラのHです

今回は、釣果に差がつくボトムの取り方を解説していきます!

ルアーフィッシングにおいてボトムを攻めるのは非常に重要なので、ぜひとも抑えておきましょう!

ルアーフィッシングでボトムを取る必要性

なぜボトム攻める必要があるのでしょうか

それは魚の修正にあります

魚は活性が高いと表層を意識し、表層付近にきます

しかし、活性の低いときは、底のほうにいるのです

そのため活性の低くなってくる時間帯には、ボトムを攻める必要があります!

ボトムの取り方

次にボトムの取り方についてです

基本

基本的にはベールを起こしてラインをフリーの状態にしてボトムを取ります

この時、ラインが無駄に出ないようにスプールを指で押さえるようにしましょう

そうすることで着底がわかり、スムーズにアクションにつなげることができます

フォール中に魚が寄ってきて、着底時にすぐにアクションさせることで、バイトを誘うことができます

そのため、特にメタル系ルアーは着底に気をつけ、すぐにアクション開始しましょう!

根がかりの防止にもつながりますからね!

横風が強いとき

横風が強くボトムを取りにくいときってありますよね

このような時は、ラインを海中に沈めましょう!

そうすることで、横風が気にならなくなります

キャストしたら、海水にラインをつけて、フォールさせるということですね!

ボトムがとれないとき

潮の流れが強かったり、水深が深かったりするとボトムがとれません

そういったときは、ルアーを変更しましょう

より重く、よりシャープなルアーの軽市場のものを使うことでボトムがとれるようになります!

 

ボトムを取るのに適したルアー

最後にボトム付近を攻めやすいルアーを解説します

メタル系のルアー

まずはメタル系のルアーが挙げられます

メタルジグやメタルバイブですね!

メタル系ルアーは沈降速度が速く、底のほうにいる魚をリアクションバイトさせることができます

メタル系のボトムの攻め方は、10回リーリングしたら一回ボトムを取るという感じで誘います

シンキングペンシル

次は、プラグの中でも沈めて使いやすいルアーであるシンキングペンシルです

シンペンは浮きやすいものがおおいです

なので、沈みやすいシンペンを使います(マリアのリライズやジャンプライズの飛びキング)

ボトム付近をゆっくり誘うことができるのが特徴です!

ボトムを取って、ゆっくり巻けばいいです

基本アクションはいらないですね

ワーム

最後に重めのジグヘッドのワームです

重さを変更することで、底の取りやすさを変更できます

水深10mくらいなら20gのジグヘッドを

水深20mなら30gくらいほしいですね

ワームの自然な動きで低活性な魚に口を使わせることができます

リフトアンドフォールまたは、ゆっくり巻いてアピールするのがいいでしょう!

 

まとめ

今回は、ルアーフィッシングにおいて重要なボトムの取り方を解説しました

重要なのは、ラインスラッグ(糸ふけ)を出さないことと、ボトムを取ったらすぐアクションさせることです

ボトムにはまだ見ぬ魚がいっぱいいますので、ぜひとも釣りあげてください!

それでは良いフィッシングライフを!

-釣り知識

© 2021 COREPRA BLOG Powered by AFFINGER5