ショアジギング

タングステン製のメタルジグのすすめ メリットデメリットや、使うシチュエーションを解説!

こんにちは、コアプラのHです

今回はタングステン製のメタルジグについて紹介します!

普通のメタルジグで見切られる、飛距離が足りない、底がとれないといったことがありますよね

そんな時はタングステンジグがおすすめです!

通常よりも比重が重いことで、様々なメリットを得ることができます!

タングステン製のメタルジグのメリット・デメリット

通常メタルジグは鉛でできています

鉛は扱いが非常に簡単であるため、比較的安価なものが多いです

一方タングステンは鉛に比べて比重が高いです

同じ体積の鉛とタングステンを比べるとおよそ1.7倍タングステンのほうが重いのです

そのため、より小さく、より重たいメタルジグをつくることができます

タングステンジグのメリット

飛距離が出る

小さく作ることができる

底がとりやすい

フォールにキレがあり、見切られずらい

同じ形のルアーであれば重たいほうが飛距離は出ますよね

タングステンジグはめちゃめちゃ飛びます!

沖のボイルに届かないなんてときに使いましょう!

タングステンジグは、小さいルアーでも十分な重さを確保できます

例えば、マイクロベイトパターンなどの小さいサイズのルアーであっても、飛ばすのに十分な重さを確保できるのです!

また、タングステンジグは底がとりやすいです

単純に、通常のメタルジグと同じ重さでも体積が小さくなるので、潮の影響を受けづらく素早く沈みます

そして、この沈みの速さがフォールのキレにつながり、見切られづらくなります

タングステンジグのデメリット

値段が高い

シルエットが小さいものが多い

動きが速く海の濁っているときには使いづらい

タングステンはレアメタルであるため、非常に高価です

通常のメタルジグは500円前後ですが、タングステンジグは1000円前後します

また、素材が高いため、比較的軽めのルアーが多いです

そして、タングステンジグは沈むのが速いため、通常のものよりも濁りによわいです

動きが速すぎるということは、見切られづらい反面見つけてもらいづらいのですね

タングステン製のメタルジグの使い道

さて、タングステンジグのメリットデメリットを踏まえると、おのずと使い道は決まってきますね

タングステンジグの使い道

遠いポイントを打ちたいとき

ベイトが小さいとき

クリアウォーターで見切られるとき

この三つの使い方がメインになるかなと思います

釣りは手前かつ表層から探っていくのがよいとされています

そのため、タングステンジグを使うのは最後のほうになりますね

そして、ベイトの小さい春夏の時期にはもってこいかなと思います

マイクロベイトを偏食している青物にも効果抜群です!

また、沖のほうでなぶらがたっているときや、明らかに見切られているときに使うのもおすすめです!

まとめ

私のホームである遠州灘では、夏場の小型青物によくタングステンジグを使っています

このサイズ感で飛距離が出るという性能は唯一無二です

ほかに変えることができないルアーなので、ぜひとも一個は持っておいてください

それでは良いフィッシングライフを!

-ショアジギング

© 2021 COREPRA BLOG Powered by AFFINGER5