ショアジギング

釣れるメタルジグ!フィールドごとにオススメを紹介します!

こんにちは、コアプラのHです

釣り人であるならば誰しも釣れるルアーを知りたいですよね

メタルジグは非常に数が多くどれを使えばいいのかわからないという人も多いはず

今回はフィールド別におすすめのメタルジグを紹介していきます!

フィールドごとに求められるメタルジグの性能

ルアーには適したフィールドや、シチュエーションがあります

今回は、フィールドごとにメタルジグに必要なスペックをまとめていきます

堤防

堤防は比較的釣りがしやすく水深も浅いポイントが多いです

比較的軽いものでも底がとれることや、頑丈なものである必要がないケースがおおいです

そのため、一番重視するべき部分は飛距離でしょうか

また、堤防はそれ自体がストラクチャーであるため、底に居ついている魚がいます

そのため、ストラクチャーを攻めることができるジグもおもしろいですよ!?

ココがポイント

飛距離が重要

ストラクチャーを攻める

サーフ

ほかのポイントに比べて飛距離が重要なフィールドです

第一に飛距離を重視しましょう

また、フラットフィッシュをつることも考えるのであれば、フォールの良いメタルジグがおすすめです

浅すぎるサーフだとしゃくるよりもただ巻きのほうが効果的です

そのため、サーフのふかさによって 使い分けるようにしましょう!

ココがポイント

飛距離が一番

フォールの良さも重要

ただ巻きができるものもよし!

磯場

深いポイント、潮の早いポイントがおおいです

そのため、底を取るために重さとシャープさが求められます

また、メタルジグがダメージを受けやすい環境なので、頑丈なものを選ぶのがよいです!

ココがポイント

シャープなフォルム

頑丈さ

堤防でおすすめのメタルジグ

メジャークラフト ジグパラTG

堤防一つ目のおすすめはジグパラTGです

タングステン製であるため、非常によく飛びます

とにかく飛距離が欲しいときにはジグパラTGがおすすめです!

誰よりも遠くへ飛ばしたい方はぜひとも使ってみてください!

コアマン ゼッタイ

堤防二つ目のおすすめはコアマンのゼッタイというジグです

このジグはもともと岸壁ジギングのために作られました

堤防などの岸壁に居ついているシーバス等の魚をつることができる唯一無二の性能を持っています!

非常にフォールのいいルアーなので、普通に投げても岸壁でも仕事をしてくれるルアーです

引き出しの一つとして持っておくことをおすすめします

サーフでおすすめのメタルジグ

DUO ビーチウォーカーフリッパー

ただ巻きでヒラメが釣れるルアーです

メタルジグとしての遠投性能、ただ巻きでのレンジキープ力が魅力的なルアーです

遠浅のサーフでヒラメや青物をつるならこのルアーがおすすめです!

SHIMANO スピンビームTG

こちらは比較的深めのサーフでおすすめのルアーです

タングステン製であるため、通常よりも深いポイント、より遠くのポイントを攻めることができます!

こちらもただ巻きで釣れるルアーなので、とにかく投げ続けるのが使うコツです!

メジャークラフト ジグパラスロー

ジグパラスローはフォールで食わせるルアーです

また、ジグパラショートよりも飛距離が出るため、サーフではおすすめのルアーといえます

3回ほどしゃくって底を取るような使い方をすれば底物が釣れるので、ためしてみてください!

磯でおすすめのメタルジグ

オーナー 激投ジグ

通常頑丈なメタルジグはシルエットが太く、アクションの切れが損なわれる傾向にあります

しかし、激投ジグは頑丈でありながら、シャープで切れのあるアクションをします

シャープなため、引き抵抗も大きくなく磯場で使うのに最適なルアーです

磯で使うなら絶対に激投ジグを持っていきましょう!

オーナー 激投ジグ ストライク

激投ジグストライクは、通常の激投ジグに比べてフォールの切れが良いです

そのため、魚に見切られずらいルアーとなっています

通常の激投ジグで見切られているときに使うのがいいでしょう!

 

まとめ

今回はフィールドごとにメタルジグの紹介を行いました

ルアーにはそれぞれコンセプトがあり、適切なフィールドがあります

理解して使えば釣果が伸びていくので、しっかりと覚えて下さい

それでは良いフィッシングライフを!

-ショアジギング

© 2021 COREPRA BLOG Powered by AFFINGER5